シオンブログ

2018.08.14

夏といえば・・・

みなさんこんにちは!

立秋とは名ばかりの猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

                                                    

夏の行事といえば、花火大会や夏祭りなどがあります。

今回はその由来についてご紹介いたします!

                                                                                

花火大会はそもそも灯篭(とうろう)流しなどと同様に、送り盆の時期に魂の鎮魂を願って打ち上げられたり

花火を打ち上げることによって、あの世へ迷わず帰れるように空へ音で合図をしている為などと言われております。

                                                                          

シオンブログ.jpg

                                                                        

また、夏祭りは病気や災害をもたらす悪い霊を追い払うという意味から始まったそうです。

昔は梅雨から夏にかけて病気が大流行する時期でした。                                          

その病気を広めるのは悪い霊だと考えられていたそうで、そこで神様が乗ったお神輿をかついで町内をねり歩き

神様に町を清めてもらおうとしたことが由来のようです。

                                                                         

シオンブログ (2).jpg

                                                                                  

地域の花火大会や夏祭りに盆踊り、それぞれの行事に歴史や意味があります。

何のためのお祭なのか、何を祈願するものなのか、といったお祭の意味や由来を理解することで今まで以上に

楽しんで参加できるかもしれませんね!

                                                                                  

まだ暑い日が続きますので、熱中症などにはくれぐれもお気をつけください。

                                                                                     

                                                                                          

(葬祭部)