シオンブログ

2018.10.23

お経(経典)

皆さんこんにちは!

                                                                                        

今回は皆さんが葬儀や法要、参拝等で耳にするお経についてご紹介いたします。

                                                                                          

IMG_1468.JPG

                                                                                          

お経の元はお釈迦様の教えですが、お釈迦様が書き残されたものではありません。

お釈迦様入滅後、弟子たちがその教えを暗唱したのがお経の原型です。始めは口伝えとされていましたがその後、文字に残される様になりました。お経は内容別に経蔵・律蔵・論蔵に分類でき、【経】はお釈迦様の教えをとめたもの。【律】は仏教徒としての規則・戒律を示したもの。【論】は経や律の内容を解釈し集められたものから構成されています。経・律・論は三蔵と言い、三蔵すべてに精通した高僧が三蔵法師です。

皆さんもご存知の西遊記に登場する三蔵法師は尊称であり、三蔵法師の中の一人ということで、正式名は玄牀(げんしょう)と言います。

お経を耳にする機会があったら思い出してみて下さい。

                                                                                         

                                                                                            

(品質管理部)