シオンブログ

2019.02.14

如月について

こんにちは。

昨年の2月は節分について少し書きましたが、今回は如月と言う語源について、諸説ある中よく言われている話を引用して書きます。

 

ume.jpg

 

如月とは旧暦の2月でありましたが、今も2月の和風月名で使用されているようです。ただし旧暦の2月は新暦にあてはめると2月下旬~4月上旬になるので少しずれがあるようです。

 

如月(きさらぎ)はもともと「衣更着」と言う字で寒さが厳しくなり衣を更に着ると言う説が有力だそうです。

 

他にも陽気がさらに増す気更来、春になり始め草木が生え始める生更木、お正月の春が更に春めいてくる気更気など全て(きさらぎ)と読む。

 

 

また如月は中国の漢字で2月の異名の如月(にょげつ)からの由来だそうです。にょげつとは、"寒い冬が終わり春に向けて万物が次第に動き始める"と書かれています。

 

うめ.jpg 

 

 

 

 

 

 

年の初めの花は梅ですね。

 

春が待ち遠しいですが、日脚は伸びても寒さは厳しい今日この頃。

皆様、風邪など召しませんようどうぞご自愛下さい。

品質管理部